許可を得た業者に依頼して

解体工事

解体工事を請け負う業者は、建設業法上の解体工事業や建設工事業、土木工事業のいずれかで自治体から建設業許可を得ていなければいけません。これは元請や下請に関わらずです。東京で解体工事を依頼する際は、建設業許可を取得している業者を選ぶことが大切です。ただし、工事金額が税込500万円未満の工事であれば、解体工事業登録がされていれば問題ありません。以前は登録しなくても工事を請け負えたものの、不法投棄を防止するために定められました。工事は建物を壊すだけでなく、ゴミを分別して、それぞれ適切に処分されます。東京で工事を行う費用は地方に比べると割高になりますが、一般的な大きさの戸建であれば、工事金額が500万円以上になるケースは稀です。多くの人は解体工事業登録を済ませた業者に依頼することになるでしょう。なお、東京の密集地の場合、道に大型の建設機械を入れられないこともあるので、工期が長くなる傾向にあります。

様々な土地活用方法

解体工事

東京には古い家屋が集まるエリアが所々にあり、火災などの災害リスクが高いとして、行政のほうで再開発を進めてきました。使っていない実家を放置している人も珍しくありません。固定資産税は更地よりも建物があったほうが安くなるので、当然と言えるかもしれません。しかし、火災はもちろん、空き家に人や害獣が入り込んだり、雑草や害虫の問題が起きたりして、近所に迷惑をかけるケースもしばしばあります。使う予定もないのに税金を支払い続けるのはもったいないことです。エリアにもよりますが、東京であれば高い金額で売れるでしょうし、解体工事後は様々な方法で活用することが可能です。近年は、解体工事後にコインパーキングや月極駐車場にする人が増えています。特に東京ではカーシェアリングが普及してきており、駐車場は各エリアで高い需要が期待できます。アパート経営のように手数料を払って運営会社に業務を委託できるので、土地のオーナーが手を煩わせる必要はありません。一人暮らしが多い学生街などでは、駐車場よりもコインランドリーの方が良いかもしれません。ランドリーは、リースで購入することも可能です。また、近年増えているのが、レンタルトランクルームなどです。家庭に納めきれない物やバイクを仕舞うために借りたいと考える人は珍しくありません。土地が広ければ、アパートやマンションを建てるのも有効です。この場合も、当然ですが固定資産税や相続税を節税できます。

広告募集中